ネットショップの商標登録
netshop&ttrademark

商標法では、役務といいます。一般に使われているサービスとは違います。

商標を登録して貰うためには、その商標を何(たとえば、パンや靴など)に対して使いたいかを選択する必要があります。これを「指定商品」といいます。
「指定商品」の他に、「指定役務」というものもあります。これは、たとえばレストランの場合は「飲食物の提供」、塾の場合は「知識の教授」のように、物でないものに対して商標を使いたいときに指定します。

ネットショップの場合は、「指定商品」毎に権利を取ることも出来ますが、その場合、ありとあらゆる商品について権利を取らなくてはならず、非常に手間とお金がかかります。

しかし、役務商標として権利をとれば、サービスについて一度に権利を取ることができるので便利です。


106hotline.com

お電話でのご相談、
ご依頼、お見積もりは
06-6100-5820
大槻国際特許事務所